メリット
生命保険として
住宅ローンが生命保険の代わりになります。
団体信用生命保険のしくみについて詳しくご紹介。

ローンとは、たとえローンを払うのが厳しい環境になった場合でも、ローンを組んでいる限り滞りなく払い続けていかなくてはなりません。

銀行で住宅ローンを組みマンションを購入すると、団体信用生命保険に加入することになります。

これは、万一住宅ローンの名義人が亡くなった場合や高度障害になられた場合に、住宅ローンの残済が代理弁済され、残された家族に負担がかからないよう、ローン残高相当額程度の保険金がおり、 それ以降ローンを支払う必要がないという制度です。
つまり、万一の場合も大切なご家族にマンションが残るのです。
団体信用生命保険があることで、住宅ローンのご契約者とそのご家族は安心して生活を送ることができるのです。そのまま賃貸で家賃収入を得ることもできますし、マンションを売却して現金にすることもできます。

つまり、マンション経営は生命保険の代わりといって過言ではありません。

この生命保険に代わる団体信用生命保険に加入できることなどからも、マンション投資をされる方はどんどん増えているのです。

団体信用生命保険は、債権者が債務者の死亡・高度障害に対して支払われる保険金をもって残債回収を行い、万一の時のご家族の生計の安定を図ることを目的としています。

住宅ローンは、高額のため長期にわたっての返済になるのが通常です。
団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う制度です。金融機関が、ローンの利用者をまとめ て生命保険会社に申し込むもので、掛け金も金融機関が支払うのがほとんどで、また加入時年齢による条件の差がなく、メリットの多い保険であるといえます。

もし加入していない場合に一家の大黒柱に万が一のことが起こったら、残された家族は住宅ローンに追われて暮らさなければなりません。家族の安心のために、団体信用生命保険は欠かせない存在と言えます。

生命保険に余分に加入していないかどうかをご確認下さい。

気がつかないうちに生命保険の住宅資金に関する部分が重複してしまうケースがあります。

よって、団体信用生命保険の特性 を踏まえた上で、すでに加入いただいている保険を見直し、減額が可能であれば、その資金を効率的に住宅ローン返済が進め られるよう充当していきましょう。